松任谷由実、このスピリチュアル炎上の多い時代に「無傷」なワケ