「挨拶をしない子」でも注意はしない。できたときこそ「ほめ」タイミング