【涙なしでは読めないクリスマスの想い出】サンタさんは枕元にキャンディーをひとつ置いてくれる【エピソード3】