比嘉愛未は「意外に肉食?」相反する自分の姿について語る